アサシン クリード ヴァルハラ

【夫婦評価平均】
★★★★★
★★★★★

PlayStation 4, PlayStation 5, PC(Steam)アクションアドベンチャー, 三人称視点(TPS), 中世, ファンタジー, ゲーム初心者, 管理人おすすめ, ☆☆☆☆〜☆☆☆☆☆

【ゲーム概要】

『アサシンクリード ヴァルハラ』とは、2020年11月12日にPlayStation5用ソフトが発売されたオープンワールド型アクションアドベンチャーゲーム。物語の舞台は9世紀のイングランド。ノルウェー出身のヴァイキングである主人公・エイヴォルは、新天地を目指して北海を渡る。辿り着いたイングランドに新たな定住地を築き、政治力を高めよう。激しい戦乱のさなかで敵地を略奪し、定住地の発展を目指そう!狩猟や釣り、オーログ、酒飲み勝負などヴァイキングならではの生活を満喫することもできる。

【オープンワールドゲームプレイ動画】

【基本操作の確認】

1.タッチパッドボタンを押してメニューを表示し、十字キーの左ボタンを押して「オプション」を選択する。

2.R1かL1ボタンで操作方法タブを表示し、「操作方法カスタマイズ」を選択する。

MEMO
  • カメラ感度やキー割り当てを自分好みに細かく設定可能。

【サブクエスト(ワールドイベント)受注方法】

1.マップ上に表示されている水色のアイコンを探す。

2.現地に近づいて、話しかけたりする。

3.護衛任務などの依頼目標を攻略すると報酬がもらえる。

MEMO
  • 定住地を歩いていると、突然呼び止められたりして発生するクエストもある。

【ファストトラベルの方法】

1.タッチパッドボタンを押してメニューを開き、R1かL1ボタンでワールドタブを表示する。

2.マップの中から高速移動先の緑色アイコン(港、定住地、ビューポイント)を選択する。

3.○ボタンを長押しすると高速移動することができます。

【ムービースキップの方法】

ムービー中に×ボタンを押すことでスキップするかどうかの選択肢が表示され、更に×ボタンを長押しするとスキップできる。

【全体マップ紹介】※未完成

MEMO
  • 各所のビューポイントでシンクロすると周辺のマップ情報が表示されるようになる。

【レビュー】

○オススメする点
  • ・スタミナ管理が重要なバトル
  • ・豊富なキャラ強化要素
  • ・ボリューム満点。かなり長く遊べる作品

・スタミナ管理が重要なバトル
ボスや狂信者(いわゆるネームドの敵)との戦いはかなり歯ごたえがあり、手に汗握る戦闘が楽しめました!強敵と戦う時には残りスタミナに気をつけながら、ヒットアンドアウェイで少しずつ削っていくのが基本的な戦い方になっており、個人的に今作はいわゆる”ソウルライク”系の作品だという印象を持ちました。ボスの攻撃はめちゃめちゃ痛いので、気を抜いていると一撃で倒されてしまうことも…泣。それだけに勝てたときの達成感は大きいです。

・豊富なキャラ強化要素
まずスキルツリーの広がりがめちゃくちゃあります(最初の段階ではスキルツリーの全容を把握できないくらいありました!)スキルツリーを伸ばしていくことでライフ増加や近接ダメージ増加などのパッシブ、踏みつけや背面攻撃など戦闘中に使える技を覚えることができ キャラクターの戦闘力が上がっていきます。特に「死線の感覚」を習得すると敵の攻撃を回避したあとがチャンスタイムになるのでかなり戦闘が楽しくなります!そして嬉しいことにスキルの振り直しがいつでもできるようになっていて、全部リセットも、1ポイントずつ振り直しもできるのがかなり便利でした。「とりあえず振っておく」ができるのでスキルポイントを腐らせずに済むのが良かったです。次に、装備についてです!今作には装備にセット効果があり、装備を一式(鴉セットや猟師セットなど)を揃えることで例えばクリティカル率が増加したりとボーナスが付与されます。ハクスラが廃止され、一つの装備をずっと強化し続けるというとても分かりやすくてシンプルなシステムになりました。なお、定住地の鍛冶屋で装備の品質を上げると、強化可能回数やルーン(耐性や基礎能力を上げる石)を嵌める枠を増やすことができます。防具も武器も各地の宝箱に入っているので、強い装備を求めてイングランドを旅するのがなかなか楽しいです(我が家では水中の宝箱から拾った槍がお気に入りでずっと使ってます)!最後に、アビリティについてです。アビリティには遠距離用と近接用があり、アドレナリンゲージを使うことで爽快感のある強力な攻撃を繰り出せます。たとえば敵に飛んで斬りかかったり、鉤縄で捕まえて放り投げたり弓矢に毒属性を付与する等々。敵とのバトルを有利に進めるためにかなり役立ちます!各地に散らばった知識の書を読む事で新たなアビリティを習得できるので、装備集めと合わせて一緒に探していくと良いと思います。

・ボリューム満点。かなり長く遊べる作品
メインミッションだけでもかなりの厚みがあり、略奪、財宝探し、釣り、狩猟、日替わりの依頼、シームレスに発生するワールドミッションなど遊べるコンテンツ量が多く、ボリューム満点です。また、広大なイングランドでは、街や修道院、高い塔、崩れかけた遺跡、お花畑、沼地など様々な景色を楽しむことができ、フォトモードで綺麗な写真を撮ったりと観光気分も味わえて、オープンワールド型ゲームならではの「旅してる」感を楽しめました。

✓注意する点
  • ・できることの少ない序盤で飽きてしまう可能性がある
  • ・人物や場所を探し出すミッションが難しい
  • ・細かいバグや強制終了が発生する
  • ・物語の本筋がどれか分かりづらい

・できることの少ない序盤で飽きてしまう可能性がある
序盤の戦闘は使える武器が片手斧のみでアビリティも習得できておらず正直かなり単調で、敵がそこまで強くないため戦い甲斐もなく、爽快感も少なく、飽きてしまう可能性があります・・・。ですが、ゲームを進めていくと使える武器が増えていき、スキルやアビリティの習得によってプレイスタイルに合わせた戦闘が楽しめるようになるかと思います。ところで今作はストーリーを進めるために定住地のレベル上げが必須となっており、レベル上げには大量の物資が必要なのでそこで足止めを喰らっているようでテンポが悪化しており、物資を集めるためには各地に略奪に行く必要がありますが何度も略奪を繰り返していると作業感が出て来て飽きてしまうのも序盤を進めていくうえでネックになっていると感じました。

・人物や場所を探し出すミッションが難しい
探し物があるエリアが範囲で表示されますが、その範囲が広すぎて中々目標を見つけ出せず、しかも大体がわざと分かりにくい所に隠れていることが多く、結局30分探し回ったことがありました…w(難易度ノーマルでも難しく感じました。設定から探索難易度を変更できるようです。)また、「川と川の交わる場所」に赴くミッションでは、マップに表示された川の字が小さく、しかも川の色と川の名前の字のフォントの色が同系色で見辛く、探すのにかなり苦労しました。

・細かいバグや強制終了が発生する
ミッションの対象のNPCが歩いていく先に馬がいたせいで、なぜかNPCが馬に乗ってしまいまったくミッションが進まなくなるというバグが発生したり、キャラクターが空中を歩いていたり、略奪の途中で船に戻るとセーブできたりと細かいバグがあったほか、ゲーム中に強制終了する数が少し多めで、ゲーム機に負荷がかかっているという印象を受けました。

・物語の本筋がどれか分かりづらい
一生懸命進めていたミッションがゲームのクリアにつながるものではなかったことがあり、そちらのミッションに10時間程度かけてプレイしていたのでかなり落ち込みました(クエストの内容自体は面白かったのですが・・・)。物語の本筋だけを追いかけたいプレイヤーにとっては自分が今進めているミッションが本筋かどうかが分かりにくいので、あまり良くないシステムだと感じました。(せめてミッションアイコンをメインミッションだけ別のものにするなどして欲しかったです。。)

プレイ環境

PS5

プレイに掛かった費用

[ソフト代] 6,600円
※2020年11月23日時点

メインストーリーのクリアタイム

約67時間

【PS4版との違い】

超高速SSDにより、ファストトラベルなどのローディング時間がかなり短く、リスタートのストレスも少ない。
コントローラーの「ハプティックフィードバック」機能により、草木に振れた場合などにより臨場感のある振動が伝わってくる。

【夫婦コメント&評価】

夫コメント

  • ★★★★★
    ★★★★★

    章ごとの内容が濃く、ストーリー自体も惹き込まれる内容なので時間を忘れてプレイできました。(クリアに必要のないクエストに10時間ほど没頭するレベルでした)ただ、資源を集めて街を発展させていくことがストーリーを進める上で必須となっており、グラフィックは綺麗で街並みは毎回違うもののどうしても作業感が強く、何度か寝落ちしました・・・。ゲーム開始当初は戦闘がシンプルになったと感じ、「連打しとけば勝てるゲームになったのかな?」とも思っていましたがそれは序盤だけで、スキルツリーを進めて戦闘力が70を超えるあたりから強敵に挑むのが楽しくなり、何度も何度もリトライして勝てたときは嬉しくて叫びましたw

妻コメント

  • ★★★★★
    ★★★★★

    イングランドに上陸するまでの長めのチュートリアルと、できることが少ないせいで単調になりがちな序盤の戦闘のせいでやる気を削がれがちですが、ゲームを進めてキャラ強化すればするほど戦闘が楽しくなり、特に大型ボスやネームドの敵(狂信者)との戦いは手に汗握る激闘ですごく面白かったです!定住地を発展させていくシステムも個人的には気に入っていて、アサクリ2で街を発展させていたことを思い出して懐かしくなりました。定住地に店や施設が増え、賑やかになっていくのは見ていて楽しいです。ストーリーも面白くて、無愛想なようで実は茶目っ気のあるエイヴォルのことがどんどん好きになりました!たまに繰り広げられる口論詩(ヴァイキング流ラップバトル)は必見です!!笑

【公式サイト】

アサシン クリード ヴァルハラ公式サイト

Assassin's Creed Valhalla

7.5

グラフィック

8.0/10

自由度

7.0/10

ボリューム

8.5/10

ストーリー

7.5/10

オリジナリティ

6.5/10

Posted by オープンワールド研究部